カテゴリ:think( 31 )

 

無題

ある年下の子に言われたことが引っかかる。
仕事のことだが。

もちろん自分の中では妥協はしてないが、不安なことは多々ある。
それが知らずのうちに伝わってたみたいだ。


色々考えることはあるが、、。
[PR]

by sec_ichi | 2009-06-13 00:00 | think  

ある人の日記に書いてあった。

ぱさぱさにかわいていく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
何もかもへたくそだったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ
[PR]

by sec_ichi | 2007-11-23 23:56 | think  

まだまだ

天の邪鬼な癖が全然なおらない。

出来るだけ意識して出さないようにはしてるんだけど、やっぱり難しい。


他人に興味がなくなる瞬間っていうのは、自分にとってもあまり気持ちがいいものではないから。


それでも、一度拒絶してしまったら、二度と興味が再度出ることは自分の中にはないと思う。



そこで終わり。



あまり良い事ではないと思うんだけど、昔から分かってる悪い癖だ。



治したいな、この癖。
[PR]

by sec_ichi | 2007-07-27 00:51 | think  

fluits of life

c0057965_024762.jpg



『フルーツ・オブ・ライフ:生命の果実』

“フルーツ・オブ・ライフ”も“フラワー・オブ・ライフ”の幾何学模様から想起される図形といえます。“フラワー・オブ・ライフ”の二重線内の未完成の球体をすべて完成させていくと、そこに深遠なる秘密が解き明かされてきます。つまり、その図形の完成と共に、13個の球体が顕現されて来るのです。その13個の球体で出来た図形のパターンを“フルーツ・オブ・ライフ”と呼び、神聖幾何学の中でも、最高に神聖なものとして扱われています。この図形は、様々なパターンが織り込まれた結果として顕われてくるところから、果実という名前がつけられました。“フルーツ・オブ・ライフ”にあるすべて円は女性エネルギーが現れたものといえます。次に、この13の円に男性エネルギーとしての直線を加えてみます。すると、そこから13通りのパターンに導かれていきます。この13通りのパターンとは、「情報提供システム」であり、そこから、存在するもののすべてが創り出されているといわれています。
[PR]

by sec_ichi | 2007-07-07 00:03 | think  

ある誓い。

やはり自分が弱ってる時はどうしてもネガティブに物事を考えがちで。

それでもやっぱり、そこで止まっていても先には進めない。


こんな単純なことなのに、いつも見失いがちになってしまう。


気づいた所でここに書き留めておこう。
結局のところ歩かないと先に進む事はできないのだ。




だから歩く。
[PR]

by sec_ichi | 2007-06-15 01:52 | think  

無題。

ある種のサービスを仕事として人に提供する場合、より質の高いものであると言う事は大前提の話だ。

しかし、専門家が考えるサービスと、一般の人が思うサービスに開きがあった場合、最高のサービスとはどちら側に焦点を当てるべきなんだろう。

例えば専門家側の考えるサービスの質の方が厳しい場合、そしてそのサービスにより多くのコストがかかる場合、一般の人からの視点では時にそれはオーバートリートメントにすらなりうるだろう。


今日、研修先に視察に行った時の院長からとの話の途中にそんなことを考えてしまった。
自分が目指すもの、目標が少なからずブレだしていることに気づいた。


その答えが見つからないこの状態は、自分が最終的にどこに向かうべきなのかすら目を曇らせる危うい状態かもしれない。
しかし、答えが白黒つかないような問題でもある気がする。



そして、今自分が一番必要としているのは、本当に尊敬できる「身近な」師なのかもしれない。
[PR]

by sec_ichi | 2007-03-08 19:38 | think  

ドキドキしちょるよ。

c0057965_0554897.jpg

もう今週じゃあないか。

どんどん迫ってくるごとに、夜もなかなか寝つけなかったり、、。


この空気はあまり長くても困るけど、あと少し。
[PR]

by sec_ichi | 2007-02-06 00:56 | think  

1/17

やっぱり、試験が近づいてくるに従って不安ってものは出てくる訳で、

それでも意識してやる気を高く持とうとしてないと、すぐにダラけてしまいそうで、



でも、時間はどんどん少なくなってきている。



資格試験は大学試験と違って、「資格者としての基礎知識」を確認するものだと思っているから、これからの道を進む為には、これくらいのこと出来て当たり前なんだろうけど、、、





何て言うんですか、緊張感。
[PR]

by sec_ichi | 2007-01-17 01:19 | think  

brain scrach.

例えば、人と何か話をしている時に自分が自分ではない感覚に襲われる。


声と言う音を発するわずか数秒前に自分の頭の中を何者かの手にかき乱されて混乱する。
これは自分の言葉じゃないと思った時には既に遅く、意思に反した言葉が紡ぎ出される。


そうして発せられた音の振動は、後戻りもできずにそこに漂っている。


漂っている声は他人の耳に一瞬だけ入るが、自ら聞こえている自分の言葉はdelayがかったように後にひきながら、流れている。


そこに自分の手で作り出した音の振動であるという感覚もなければ、責任ももつことができない。





結果、自分が自分でいるとも限らないような気がしてくる。


現に、これを書いている文章だってRealだとは思えない。



同じ物を見ていても、自分と他人が同じ形や色、質感、匂いを選び取っているのかすら分からないのだから。





むしろ、自分も見ていないのかもしれない。



BGM:「Weight Watching / Prefuse73」
[PR]

by sec_ichi | 2006-09-17 03:22 | think  

改善点。

旅行に行っても変な酒の飲み方をしてしまうと、1人ですさんでしまうことのある自分に嫌気が差す。

これは絶対に改善すべきだな。


頭で考えてることが言葉として出てこなくなることが多くなってる。

人との会話を聞こうとしなかった俺が悪かったんだろう。


人の話に耳を傾けてやること。


1人よがり、勝手な自己完結は決してプラスにはなりえない。
[PR]

by sec_ichi | 2006-08-20 21:51 | think