Speak Like a Child

昨日が当直だった為、今日は休み。

外が雨だったから、何気なく昔のビデオを漁って見ると、COWBOY BEBOPを取り貯めたビデオを見つけた。

おもむろにそのビデオをデッキに押し込むと、「Speak Like a Child」の回だった。


僕はCOWBOY BEBOPの中でもこの回の話が一番好きだ。


内容を買いつまんで説明すると、
物語の中のあるヒロイン(フェイ)は過去の記憶を失っているのだが、そこにsony製のベータが届く。
当然ベータを見る為のデッキは無くその中身を見る為にストーリーが流れて行くのだけど。


クライマックスでそのベータの中身を見る事が出来るようになるのだけど、
その中身はなんと学生時代のフェイが、10年後の自分に向けてのメッセージだった。



僕も一人暮らしをして7年目となる。

7年前の自分は今の僕をどう見ているのだろう。
想像してた通りなのだろうか。
それとも、思ってもなかった道に入った事に驚いているのだろうか。

過去の自分が7年後の僕をどう想像しているかは今では知る由もない。
でも、おそらく、どんな形であれ、応援してくれていると思いたいな。


そして、3年後の自分はどこで何をしているのだろう。
ちゃんと目標に向かって努力しているだろうか。
仲間と上手くやっているだろうか。
打ちひしがれて、目標を失ってないだろうか。



もし、それがどうしようもない自分であったとしても、
今の僕くらいはせめて未来の自分を肯定してあげよう。
[PR]

by sec_ichi | 2007-07-04 19:50 | life  

<< fluits of life 6/17 >>