「短所」は「個性」か?

テスト勉強をしないといけないにも関わらず、昨日からずっと考えていること。

短所と言うのは言葉の通り、自分の至らないところ、欠点というべきものだと言うのは明白。

でもその短所って言うのは、一般人から見て「不適切、おかしい」と思うから短所と言うのだろう?

つまり相対的に常軌から逸脱していることだろう。(そこまで言うと大げさかもしれないが。)

しかし、一般人から外れた行為(行動など)、と言うことはその人自身の「個性」のことではないのか?

短所を正す、という事はその人自身をより一般人に近づけるということなのか?

つまり、人間全体を均一化することになる?


自分の短所は直した方が良いという事は誰にでも分かっていること。

しかし、前述したようにあくまでも「短所」は相対的なもの。

ある短所が別のところでは、長所になりえるかもしれない。
個性として生かされるかもしれない。


そう考えると、自分を自身で正そうとするときに、どうしたらいいのか本当に分からなくなる。

どうするべきか。



分からない。
[PR]

by sec_ichi | 2005-07-11 01:33 | think  

<< 地元にもフェスが!! onとoff >>