無題

ある年下の子に言われたことが引っかかる。
仕事のことだが。

もちろん自分の中では妥協はしてないが、不安なことは多々ある。
それが知らずのうちに伝わってたみたいだ。


色々考えることはあるが、、。
[PR]

# by sec_ichi | 2009-06-13 00:00 | think  

ある人の日記に書いてあった。

ぱさぱさにかわいていく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
何もかもへたくそだったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ
[PR]

# by sec_ichi | 2007-11-23 23:56 | think  

1104

新天地に行くのはこれで2回目。

1回目は7年前。
あの時は雲を下に見ながら、期待感だけを持って飛び出した。



2回目の今回、
同じく雲を見下ろしながら思ったのは、期待の中に少しの恐れと少しの寂しさ。
[PR]

# by sec_ichi | 2007-11-04 20:12  

2:26

今、明日のインプラント科でプレゼンをする資料を作ってるところ。

やっと8割程終了したけど、もうすこし詰めないと。


昨日、一昨日と日大板橋病院でBLS&救急救命研修だった。
結局、救急外来で見た患者3人の内、一人は脳梗塞で重傷、一人は難知性心室細動で亡くなった。


何故かショックはあまりなかったのだけど、空しさがこみ上げてきてた。
…なんてあっけなかったんだろう。

そんな思いと同時に、少し道を早く決めすぎたかもしれないな、という思いも残ってた自分に気づいた。
[PR]

# by sec_ichi | 2007-10-12 02:35 | life  

asagiri jam

感想は余りある程あるけど、あえてcorneliusのことだけを。

念願のcouneliusライブ見れた。
野外に向かなそうだなとは思っていたけど、
映像と音が相まって気持ちが良すぎる。
『Drop』と『Point of view point』はいまだ色褪せない名曲だと思っているので演奏してると本当に嬉しかった、、。

一言であえて言うなら、

『浮遊感』

に尽きる。


…高原の寒空の中、テントとランタンで望んだ空間を楽しむ、
「聴く」ものではなく、「そこに在る」音楽。


カッコつけてるような言葉だけど、
これこそが今一番好きな瞬間だなー。


それでも狙って見に行ったものw
(Boys noise)
★Takkyu Ishino
★counelius
★A Hundred Bird
★Para
★UA
★overground acostic underground

ちなみにベストアクトはA Hundred Bird。
『Jaguar』ヤバス。
[PR]

# by sec_ichi | 2007-10-08 20:24 | life  

まだまだ

天の邪鬼な癖が全然なおらない。

出来るだけ意識して出さないようにはしてるんだけど、やっぱり難しい。


他人に興味がなくなる瞬間っていうのは、自分にとってもあまり気持ちがいいものではないから。


それでも、一度拒絶してしまったら、二度と興味が再度出ることは自分の中にはないと思う。



そこで終わり。



あまり良い事ではないと思うんだけど、昔から分かってる悪い癖だ。



治したいな、この癖。
[PR]

# by sec_ichi | 2007-07-27 00:51 | think  

fluits of life

c0057965_024762.jpg



『フルーツ・オブ・ライフ:生命の果実』

“フルーツ・オブ・ライフ”も“フラワー・オブ・ライフ”の幾何学模様から想起される図形といえます。“フラワー・オブ・ライフ”の二重線内の未完成の球体をすべて完成させていくと、そこに深遠なる秘密が解き明かされてきます。つまり、その図形の完成と共に、13個の球体が顕現されて来るのです。その13個の球体で出来た図形のパターンを“フルーツ・オブ・ライフ”と呼び、神聖幾何学の中でも、最高に神聖なものとして扱われています。この図形は、様々なパターンが織り込まれた結果として顕われてくるところから、果実という名前がつけられました。“フルーツ・オブ・ライフ”にあるすべて円は女性エネルギーが現れたものといえます。次に、この13の円に男性エネルギーとしての直線を加えてみます。すると、そこから13通りのパターンに導かれていきます。この13通りのパターンとは、「情報提供システム」であり、そこから、存在するもののすべてが創り出されているといわれています。
[PR]

# by sec_ichi | 2007-07-07 00:03 | think  

Speak Like a Child

昨日が当直だった為、今日は休み。

外が雨だったから、何気なく昔のビデオを漁って見ると、COWBOY BEBOPを取り貯めたビデオを見つけた。

おもむろにそのビデオをデッキに押し込むと、「Speak Like a Child」の回だった。


僕はCOWBOY BEBOPの中でもこの回の話が一番好きだ。


内容を買いつまんで説明すると、
物語の中のあるヒロイン(フェイ)は過去の記憶を失っているのだが、そこにsony製のベータが届く。
当然ベータを見る為のデッキは無くその中身を見る為にストーリーが流れて行くのだけど。


クライマックスでそのベータの中身を見る事が出来るようになるのだけど、
その中身はなんと学生時代のフェイが、10年後の自分に向けてのメッセージだった。



僕も一人暮らしをして7年目となる。

7年前の自分は今の僕をどう見ているのだろう。
想像してた通りなのだろうか。
それとも、思ってもなかった道に入った事に驚いているのだろうか。

過去の自分が7年後の僕をどう想像しているかは今では知る由もない。
でも、おそらく、どんな形であれ、応援してくれていると思いたいな。


そして、3年後の自分はどこで何をしているのだろう。
ちゃんと目標に向かって努力しているだろうか。
仲間と上手くやっているだろうか。
打ちひしがれて、目標を失ってないだろうか。



もし、それがどうしようもない自分であったとしても、
今の僕くらいはせめて未来の自分を肯定してあげよう。
[PR]

# by sec_ichi | 2007-07-04 19:50 | life  

6/17

朝から携帯が五月蝿いので誰かと思って電話に出てみると、母だった。
何事かと思って話を聞いてみたら、従兄弟の息子(小3位?)が実家に置いてあった組み立ててないガンダムのプラモデルが欲しいらしいからあげてもいいかと言う電話。

そんなことでわざわざ起こされたのかと少し凹んだが、既に作る気はないので快く了承した。

思ってみると、今時の子供もガンダム好きなんだなと思う。
そういう自分も、ガンダムをリアルに見ていた世代から少し離れる。

おそらくF91位からだと思うのだが、やっぱりガンダムは世代を超えて親しまれているのか、今の30〜40代と話をする時でも好きな人がいると結構話も弾む。


やっぱり男はロボット好き多いのかな、と改めて思いながらまた2度寝をする。


そういう今の自分は宮崎あおい結婚という話を聞いた時から、熱で寝込んでます…(実際は時期が重なっただけだけど。)

という訳で給料も底をついているので、24を見ながら体調を整えます。


自分が一番好きな機体は、F91です。
verliable speed beam rifre = v.s.b.r.のような一撃必殺が好きなので。
(V2にもv.s.b.r.搭載してるだろとか言う話は置いときますが…)
ちなみに外伝等は自分、触れてないですがねー。
[PR]

# by sec_ichi | 2007-06-17 15:23 | life  

ある誓い。

やはり自分が弱ってる時はどうしてもネガティブに物事を考えがちで。

それでもやっぱり、そこで止まっていても先には進めない。


こんな単純なことなのに、いつも見失いがちになってしまう。


気づいた所でここに書き留めておこう。
結局のところ歩かないと先に進む事はできないのだ。




だから歩く。
[PR]

# by sec_ichi | 2007-06-15 01:52 | think